電話:06-6225-8231
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム4階北

大阪市 福島区 ガン がん相談 内科 堂島リーガクリニック

低用量抗がん剤療法(休眠療法)

メール相談
左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

低用量抗がん剤療法(休眠療法)

通常より少ない、患者様お一人お一人にあった量の抗がん剤を投与する治療です。がんを「叩く」から「眠らせる」ことを目標としています。

特徴

少量ずつ投与するため、体への負担を軽くします。免疫力を低下させず、副作用を極力抑え、QOL(生活の質)を保つことが特徴です。2~3週間に1回、1~2時間の点滴治療です。内服薬での治療も可能です。

投与方法

基本的には保険で認められた薬剤から使用します。通常、数種類の薬剤の併用投与が多く、分子標的薬を中心に投与します。

当日、白血球をはじめとした血液検査を行い異常がないことを確認し、自覚症状を考慮した上で投与量を微調整します。

治療経過

腫瘍マーカーや画像検査で、がんの活動状態や大きさの変化を見ながら、薬剤の量を調整し、種類を検討していきます。

他の治療との併用

放射線治療、免疫療法、温熱療法、カテーテル治療等との併用も可能で、併用でより効果を発揮するものと思われます。

休眠療法は、化学療法研究所付属病院の高橋豊先生、並びに銀座並木通りクリニック三好立先生のご指導を受けました。
この場をお借りしまして、御礼を申し上げます。

PAGE TOP