電話:06-6225-8231
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム4階北

大阪市 福島区 ガン がん相談 内科 堂島リーガクリニック

院長挨拶

メール相談
左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

プロフィール

院長 成宮 靖二

院長 成宮 靖二

1960年5月京都市に生まれました。1986年3月愛媛大学医学部を卒業し、1986年4月から滋賀医大付属病院消化器・血液内科に勤務いたしました。
1990年4月からの大学院時代を、大阪大学医学部にて腫瘍免疫研究に従事しました。
1994年4月から、財団法人住之江病院内科に勤務し副院長を勤めました。2008年4月からはゲートタワーIGTクリニックで副院長として、がん診療に従事いたしました。

  • 医学博士
  • 日本肝臓学会会員
  • 日本癌治療学会会員
  • 日本内科学会会員
  • 日本癌学会会員

院長挨拶

2011年3月14日福島区ほたるまちに開業いたしました堂島リーガクリニック院長の成宮です。当院では、内科診療ばかりでなく、がん患者さんの相談外来、低用量抗がん剤療法(休眠療法)、免疫療法、高濃度ビタミンC点滴療法などを行っております。
私は以前、この地にありました阪大で腫瘍免疫の研究をしておりました。その後、大阪市内の病院で肝臓内科・呼吸器内科を、りんくうでがん診療に従事することで、現在のクリニックを開設するに至りました。
患者さんのQOL(生活の質)を保ちつつ、治療を行うことは大変難しいことであります。しかし、患者さんそれぞれの人生観、生活環境、体質、病状などを考慮しつつ、患者さんと話し合いながら、オーダーメイドの治療を行う様に心がけております。 この堂島の地で病に悩む患者さまの一助になれればと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

ほたるまちの歴史

この街は長らく大阪大学医学部付属病院があった地であります。
江戸時代にはこの周囲は、堂島川、土佐堀川の水運を利用した諸藩の蔵屋敷が立ち並んでいたといいます。
今も高層ビルの中に福沢諭吉先生生誕の地の石碑や、蛸の松など歴史を感じさせるものが点在し、新旧の大阪を感じることができるダイナミックな街です。

堂島リーガクリニック 名称の由来

リーガはガリア語で「川」を意味します。

中之島はパリのシテ島にたとえられています。フランス語のロアール(川)という単語は、Ligaが由来と言われています。

ロゴマークの由来

二つの楕円形は、当家(成宮)の家紋の一部です。この楕円形が四つ集まり、中心に花をデザインした家紋が「花木瓜(はなもっこう)」です。

今回はこの木瓜をエコロジーなグリーンにし、それと対のいちょうをあしらいました。いちょうは、大阪市を代表する木であり、阪大の校章でもあります。背景の青は堂島川の青です。またロゴマークに成宮のNの文字を入れました。

PAGE TOP